社団法人発明協会(JIII)は、明治37年の創立以来100年にわたり、一貫して発明の奨励・工業所有権制度の普及に努め、我が国科学技術の進歩・発展に貢献しています。

沿革

明治37(1904)年
農商務大臣 清浦奎吾、特許局長 久米金弥等により「工業所有権保護協会」として創立
明治39(1906)年
公益法人として認定され、社団法人に改組
明治43(1910)年
「帝国発明協会」に改称
昭和6(1931)年
総理府賞勲局より褒章に関する公益団体として認定
昭和11(1936)年
全国の発明奨励団体を統合
総裁に高松宮殿下を奉戴
昭和22(1947)年
「発明協会」に改称
昭和39(1964)年
所得税法施行令及び法人税法施行令に規定する特定公益増進法人として認定
昭和43(1968)年
総裁に常陸宮殿下を奉戴

組織

東京都に本部を置くほか、全国47都道府県すべてに支部を設置しています

組織図

  • 総  裁   常陸宮殿下
  • 会  長   豊田 章一郎
  • 副 会 長   歌田 勝弘 他8名
  • 理 事 長   川田 洋輝
  • 専務理事   向山 光幸
  • 常務理事   林  美博
  • 常務理事   上野  修
トップページへ